排水管自体は使用しつづけることで劣化していきます。排水管自体の老朽もありますし、錆やゴミの詰まりといったトラブルなども出てきます。排水管工事を依頼する場合ですが、やはり費用が気になります。排水管自体をあまり長い年数放置せずに、数年ごとに行うのがおすすめな工事としては排水管更生になります。排水管の工事内容には更新や再生などがありますが、一番費用を抑えて行えるのは更生となります。今まで使用していた既存の排水管自体を掃除したり修繕して使用することができます。また耐久性を保つために特別な塗料を内部に塗ることも可能です。こまめに排水管も手入れをすることで、長い年数でも安全にトラブルなく使用することが可能になります。ただし排水管の状態によっては更生だけでは修復などが不可能な場合など、状況によって更新や再生に変更する必要などもでてくる場合は、その分費用がかさむので注意が必要です。

排水管更生の手順について

排水管は生活用水などを流し続ける大切なものですが、使用しつづけることで排水管内の汚れがたまっていきます。年々排水管の中に錆や汚れでふさがれていき、25年以上なにもしない状態で置いておくと、排水管の中は60%以上が汚れや錆などで詰まった状態になってしまいます。なので排水管更生を行うことで、排水管を綺麗にすることがとても大切になります。まずは更生を行う手順として排水管の内部を洗浄する必要があります。錆詰まりなどが起こると電力などの浪費にもつながるので、綺麗に取り除くため研磨作業を行います。研磨することで錆などや汚れを綺麗に取り除き、オウトツなどをなくしなめらかな状態にします。研磨後にはライニングを行い排水管内の錆や汚れなどをつきにくくし、耐久性などを向上させます。これによって排水管自体の寿命をぐっと伸ばすことができます。研磨とライニングの手順で更生を行っていきます。

排水管更生をおこなう時期の判断

排水管メンテナンス計画を立て適切に管理することで、マンションの寿命は飛躍的に伸ばすことが可能です。マンションの建て替え時期にも影響する排水管を含めた設備の劣化は、生活している以上避けて通れないことです。排水管更生工事を含めた管内の清掃計画の内容は、まず3年から5年周期でおこなう高圧洗浄機を用いた清掃があります。各戸別に配置されているキッチン、バス、トイレの排水管内などを一部分解して、内側にたまったスケールなどを洗い流します。更生工事は早いところだと築後10年くらいでおこなっているところがあります。時期の判断は難しく、管の閉塞から漏水、臭気などの問題が見て取れてからでは計画の意味がなくなりかねません。一般的には15年以上経過し、且つ明らかな問題が見られるマンションでおこなわれています。費用の問題から何らかの異常が見られないと、なかなか踏み切れないのが現実です。

他社で真似できないのが、「ソベント通気継手」に対しての「セクスチャ施工」や「コア・ジョイント施工」です。 全て自社で賄うのが弊社の強みです。 自社でお見積り対応から施行まで一貫して行っています。 東京トルネードのサービスクオリティはプロと高度な技術力で更生しています。 排水管更生工事をご希望の方はお気軽にお問合せください。調査費用は無料で行っております。 排水管更生は実績No.1を誇ります